読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女子の本音「結婚は「昇進試験」、誰かの嫁であることは役職」

こんにちは、あやにーです。

 

昨日Twitterでこんなつぶやきをしたら、想像したよりもいろんな人にRTされて読まれていました。

 

 

私は「いつかドームクラスのバンドマンと結婚したい!」と夢見ていた高校時代から、その流れを全力で今まで引きずっています。はや31歳。大丈夫ではないことは本人が一番知っています。

ついつい私の話をしてしまいましたが......

 

毎週のように仲良しのガールたちと女子会を繰り広げていると、120%そこには「結婚したい」という話が出てきます。


これ、よく「恋愛したい」「彼氏がほしい」という言葉に隠されがちですが、女性は27歳くらいから恋バナではなく「婚バナ」になっていきます。

 

結婚したい、子どもがほしい。30歳前後のリアルな本音を今日は私のうっぷんと共に皆様へお伝えします。

※この記事では、「もう女子じゃないだろ」という冷たくリアルで現実的すぎるお言葉を受け止めつつもSEO対策というエモい理由で「アラサー女子」と書かせていただきます。ご了承ください。

 

SNSを通じた「新婚幸せライフ」のプレッシャーと戦う日々。

FacebookTwitterInstagramSNSに囲まれた毎日を過ごすと、ライフステージの変化が男性よりも多いのが女性。
結婚、退職、出産、育休、産休などたくさんの変化が、この年代は起こります。

そして今はそれを発信するのが当たり前になっていて。
これがアラサー未婚女子をものすごく追い詰める!!(マジで)


たとえばInstagram女子は結婚式の写真は、ひどければ1年以上引っ張ります。

結婚が決まると#プレ花嫁
結婚式が終われば#卒花嫁
花嫁仲間と集まる#花嫁会

「おまえ結婚したの何ヶ月前だよ......」とつっこみたくなる投稿が毎日のように襲いかかってくるのです。もう流せるにも限界がある。

 

ずっとやってるぞ、ウエディング。本当に。

あり得ないでしょ、男性の世界では。1年も結婚式だハネムーンだと言い続けているやつはむしろダメだろという評価を下す人も少なくないのではないでしょうか?(いても別にいいと想うけど)


それだけでなく、真っ白なテーブルで食べる豪華なフレンチトーストや、おしゃれな食器で飲むコーヒー(向かい側にはコーヒーカップがもう一つ)
そのうち #プレママ #初マタ(はじめてのマタニティーの意味)がさらに追いかけてきます。

 

やばい、私たち焼き鳥とビールで盛り上がっている場合じゃなくね?旅行先で豪華な部屋泊まっている場合じゃないのでは?

こうしたSNSからの「結婚して幸せ新婚生活送ってまっせ」プレッシャーは日々私たちを追い詰めていきます。


そして親友だった子が「夜泣きつらい~」と投稿しているのに「大丈夫?」とでもコメントをアラサー女子がつけるもんなら「子育て大変すぎるよ~昔に戻りたい」と返信された日には

 

「ああ、もう結婚したい」となるわけです。

 


SNSのために旅行行く人もいるくらいだし。SNSのプレッシャーで結婚したいと思う人がいたって、全然おかしくない。


SNSは結婚しなきゃ、と焦らせる一つのツールなのです。

 

結婚は「昇進試験」だし、誰かの嫁であることは肩書き。
その人が「正しい生き方をしている」という人事評価。

 

結婚していないアラサー女子にとって、結婚というのはあこがれではありません。

もう結婚は一種の「昇進テスト」なんです。

 

誰かの嫁であることは肩書きだし、人として正しい生き方をしているという「人事評価」なんですよ。

 

とても残念で悲しいことですが、これが今の日本では本当に評価なんです。
独身で生きていく、となると、一生その「独身」である役職を名乗っていかなければいけない。「えーーーまだ新卒と同じ役職なの?昇格とかしないの?転職興味ないの?」みたいな。

 

もうここまできたら「男性」という上司にいかに認められて、「お、かわいいね」「話してると楽しいね」「料理もできるんだ」「いい大学卒業してるんだね」みたいなものをいかにして「人事評価」にしていくのか。

 

それが結婚になってくる、という流れなのではないか。ここに「恋愛」という要素はアラサーを進めば進むほどなくなっていく価値観だと思います。

 

早く昇格したいし、早く昇級したい。人として当たり前だと認められたい。

それが結婚です。そして誰かの嫁という肩書きを得ることだと、みんな思っています。

 

もうASAP命。恋愛とかどうでもいいから結婚したい


私も私の周りも最近は「結婚の手段は恋愛ではないのではないか」という結論に至っていて、私においては「もう次につきあう人とは、結婚をゴールにしたい。婚約してからテスト期間をおいてくれ」と思っています。

私たちASAPでお願いしたい案件が結婚になりつつあるのです。

恋愛すると少なくとも1年以上つきあってから、みたいな悠長なことを言い出してしまう。

 

「これ以上今更愛せる人に出会えるとも思わない」と友達がリプライしてくれたけど、すごくわかる。愛せるかどうかなんて、測っている時間はもうない。

 

結婚をゴールにするなら「ASAP」でお願いしたい。そんなアラサー女子が増えています。

 

 

だから婚活アプリがこれだけ流行するんです。
誰にもバレないし、「ねえ、私との結婚考えてる?」なんて聞くこともなく、アプリのプロフィール欄に「結婚したいかどうか」という欄があり、履歴書になっているんです。採用試験の一次試験ができる。

そしてお互いに結婚がゴールなのでASAPもかなう。

 

婚活アプリすごいな。成婚率もかなり高くて、マジですごい。

 

男性の皆さんに伝えたいこと

ここまで書いておいて「男はそんなプレッシャーから逃げるための道具かよ」と思われるかもしれません。そして「こんなこと考えているから結婚を逃す」と思っているかもしれません。

 

もしあなたが未婚なら、あなたも同じように年を重ねて、いつか「あの人まだ独身なんだってー!なんか問題アリ物件なのかなーwww」と言われる日が来るのをおびえてください。むしろ焦ってくれ。


「俺まだ若い子とか出会えるかも」みたいな妄想は、男女ともにしています!!!!!
私だって、20歳のかわいいボーイとお泊まり旅行とか、まだいけるんじゃないかなって最近まで信じ切っていました。

いいですか?
少しでも早く焦ったものから婚活は抜けていくんです。

 

 

 

私たちは常に、SNSでもリアルでも「結婚できないまま、年を重ねた女」であることを他人から評価され「いつ抜け出せるのか」という不安におびえている。

 

とても悲しいことですが「誰かと同じである」ことが当たり前の日本では、こうなっていくことは目に見えています。

この流れを変えるためには、まだまだ膨大な時間とたくさんの殉職が伴っていくのではないかと私は読んでいます。
そう思うと戦うしかない。この現状と。逃げているばかりでは始まらないから。

どうか少しでもお恵みをくださるのであれば「未婚女子を見下さない」もしくは「誰か積極的に紹介する」

そんな優しさをいただけたらと思います。







え?私は結婚したいのかって?

 

この続きはTwitterで。笑

twitter.com